目指せアロマのプロに!アロマスクールランキングWEBサイト

   

MENU

トップ > アロマ情報 > アロマスクールで精油の成分を学ぶ

アロマスクールで精油の成分を学ぶ

アロマスクールでは精油の成分を学びます。
柑橘系に多い成分は、モノテルペン炭化水素類です。
トップノートと言って、揮発性が高く香りを嗅いで初めに感じる香りです。
テルペン類は強い皮膚刺激性と抗ウイルス作用、ステロイド作用、微生物さっしょう作用があります。
また、性欲抑制作用、鎮痛作用やうっ滞除去作用もあります。
柑橘系というとマンダリン、ベルガモット、グレープフルーツ、オレンジ、パイン、レモンなどがあります。
また、柑橘系以外にもキャロットシード、ローズマリー、マジョラムなどもモノテルペン炭化水素類の割合を1番多く含んでいる精油です。
こんな感じのことをアロマスクールでは学びます。
使用する精油のことを成分からしっかりと学ぶことが出来るのは素晴らしいことです。
安全性や効能を考慮して使うことが出来るからです。



アロマスクールとアロマテラピスト

アロマスクールで学ぶ場合に、色々な目的がありますが、プロとして独立や就職を目指す場合には、自分がどんなアロマセラピストになりたいのかを、できるだけ明確に細かく、具体的に理解していた方が、学びやすいということはあります。
目標が明確なので、目標に至る道もはっきりしてきますし、目標に至るための準備も具体的になります。
また、自分に足りない部分は何処なのかもわかります。
そして、具体的に目標を実現するための準備としてアロマスクールの立ち位置もわかり、学ぶべき内容も具体化できます。
そうすると自分が得るべき技能を学ぶことができるかどうかを判断することもできます。
これから学ぶということでは、目的地を明確にして学ぶということから始めます。
最初が肝心ということです。
そこがあやふやだと、結果もあやふやになりやすくなります。



アロマスクールで学ぶ知識と癒し

アロマスクールでアロマセラピストになりたいということで学ぶ場合には、エッセンシャルオイルなどを利用して、癒しを与えるための知識が必要になります。
癒しを与える場合に、確かに材料であるエッセンシャルオイルなどの知識や使い方も重要ですが、その他にも癒しの雰囲気や体の仕組み、サービス業としての接客などの知識も学ぶ必要があります。
いくら技能が優秀でも、相手を怒らせたり、ストレスを溜めるような接客や雰囲気、人間関係では意味がありません。
相手への癒しでは、色々な面からの癒しが必要です。
それは自分が癒されるという場合でもよくわかります。
それらを総合的に学ぶことができるアロマスクールを探して学ぶということが必要になります。
自分の理想像や、プロのアロマセラピストになった時の姿などもイメージして学ぶとモチベーションも上がります。

次の記事へ

ページの上部へ戻る